ロルフィング、セラピスト、それから。。。

プロフィール

けーじ

Author:けーじ
 旅をしていたら、たくさんの道を通過していく。ちょっと途中寄り道をしてみる。そうすると、っ!!となるようないつもと違った景色が広がっているかも知れない。

 アメリカを経て、日本へ帰国間近。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

Count Number

全ての記事を表示する

RSS

スポンサーサイト

--.--.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅の始めは、サンフランシスコ!

2007.09.20 日常でのこと
 アメリカの最初の旅は、サンフランシスコで始まった。そして、終わりもまたサンフランシスコだった。今ブラジルの旅の始まりに、またこの地に戻ってきた。  
 僕はこの街が好きだ。澄んだ空に、涼しい気候。治安も比較的安全。人種もジェンダーも多種多様。ここには、何をしていても自由でいられる雰囲気がある。だれも知らない場所で、自分のペースで時間を過ごすことができる。

 日本人街もあるので、食べ物にも事欠かない。サンフランシスコはレストランや飲食店の数がものすごく多い。競争も激しいので、食べ物にもはずれがない。これも他のアメリカの地域と違って大きな魅力の一つだ。僕は歩いてここに行っては日本の弁当を買って公園で食べるのが好き。今回はちょっと風が強く寒いからおあずけです。

 冷たい秋の風(日本でいうと11月中旬くらいかな)が吹いているというのに、相変わらず半袖やタンクトップのアメリカ人をちらほら見る。彼らには寒さがないのだろうか。どないなっとんねん、といつも思う。

 今日はこの街でのいつものパターン。街をひたすら歩く。

 ウェルスファーゴ(銀行)に寄ってお金を振り込み、キンコーズ(コピー屋さん)で書類のコピーを済ませ、何か新しいものはあるかなあとサーキットシティー(電気屋さん)に立ち寄り、ウォルグリーン(日用品店)で電子辞書用の乾電池を買い、

 腹が減ったのでタイレストランでタイヌードル(pad thai)とスープ(tom yam)を食べ、ホールフーズ(オーガニック食料店)で、食後のデザートに試食に置いてある果物(メロン、ぶどう、スイカ、パイナップル)をタダで食べては満足した。さすがオーガニックだ、どれもうまかった。もちろん、ちょっとだけ買い物もしたよ。


 タイレストランでは、通っていく多種多様な人たちを見ては、物思いにふける。これだけ人がいるのに、誰とも話すことはない。みんなそれぞれの出会いを通して人生をおくっている。途中で店に入ってきた日本人達とさえ、会話を交わすことはない。

 こうして考えると、出会う人達というのは、何らかの縁があるのだろうと思う。それがその場の一時的なものにせよ、長いつきあいになったとしてもだ。どうやってそれが働くか?それは分からないことも多いだろう。

 サンフランシスコはヒーリングの地としてもある程度知られている。ある分野の心理学で有名な大学院があったり、いろいろその分野に関わるワークショップなども開かれている。でも僕はそこまで足を運ばない。

 今のところこの街は、僕にとって何かをするための場所ではないからだ。

 そんなことを考えながらサンフランシスコの街をぶらぶら歩く。帰って眠くなったら、寝る。こうして僕は自分をリセットしつつ、旅の始まりを感じる。
スポンサーサイト
コメント0
トラックバック0
= Comment =
  • Name 
  • Mail 
  • Url 
  • Text
  • Pass 
  •  Secret

= Trackback =
Trackback Url
http://beingpresent.blog53.fc2.com/tb.php/99-2a0db46b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。