ロルフィング、セラピスト、それから。。。

プロフィール

けーじ

Author:けーじ
 旅をしていたら、たくさんの道を通過していく。ちょっと途中寄り道をしてみる。そうすると、っ!!となるようないつもと違った景色が広がっているかも知れない。

 アメリカを経て、日本へ帰国間近。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

Count Number

全ての記事を表示する

RSS

スポンサーサイト

--.--.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

語学習得への幻想

2004.07.25 英語:語学学習の軌跡
 「語学学校がはじまり、二週間経つ。語学習得で思うことを書いてみよう。

 アメリカに来て、語学を習得しないまま帰国する日本人はたくさんいることをまず知っておいたほうがいいだろう。なぜなら、こちらに来たからといって、語学が勝手に上達していくと思ってもらったら困るからだ。 日本人は日本人で固まりがちになる。日本人同士では日本語をはなしがち。そんなの意味ない。いつまでたっても語学は上達しない。また、大学院などでも、学位を取っても話せないまま帰国するアジア人も多いそうだ。こちらに来たから語学がどうにかなるという幻想は捨てておかなければならない。

 自分で語学は習得するもの。まず、たくさん聞く。いつも英語で考える癖をつける。英語で文章を書く努力をつづける。文法を学ぶ。自分で、発音を練習する。わからない単語を一つ一つ調べる。また、音読する。こちらにきたからといって、それらの努力をしなかったら、なんにも変わらない。ほんとになにも。だから今、自分に厳しくいっぱい勉強するしかない。

 日本で学ぶのと、こちらに来て学ぶことの違い。それは毎日続けることができるということ。分からなかったら、それを聞ける先生がいること。あるいは友達がいたら、聞ける。それが日本で勉強する場合と異なる点。あとはどこで学んでいても、自分でやるしかない。自分で覚えていくしかない。幻想を捨て、ひとつひとつこなす。語学習得とは、地道な継続なり。」

 そう、地道な努力しかないんだよなあ。今、セラピーの学校でのクラスでも僕はたくさんの単語がわからないから大変だ。みんなが笑っていても、それもわからん。でも一つ一つ意味を調べたり聞いたりして拾っていくしかないんやなあ。しんどい作業ですわ。
スポンサーサイト
コメント0
トラックバック0
= Comment =
  • Name 
  • Mail 
  • Url 
  • Text
  • Pass 
  •  Secret

= Trackback =
Trackback Url
http://beingpresent.blog53.fc2.com/tb.php/8-9918c4a7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。