ロルフィング、セラピスト、それから。。。

プロフィール

けーじ

Author:けーじ
 旅をしていたら、たくさんの道を通過していく。ちょっと途中寄り道をしてみる。そうすると、っ!!となるようないつもと違った景色が広がっているかも知れない。

 アメリカを経て、日本へ帰国間近。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

Count Number

全ての記事を表示する

RSS

スポンサーサイト

--.--.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『気づき』

2006.10.23 こころの詩(うた) 1
 ちいちゃな僕は覚えていた。

周りはやさしい空気に囲まれ、自然が輝き、暖かかったこと。

そして、その中で幸せいっぱいだったこと。


 しかし、その記憶も遠くに忘れてしまった。住んでいる現実と僕が考

えている現実が、それとはかけ離れていたからだった。


それでも、いつもなにか違和感があり、考えていた。

どこかでボタンをかけ間違えてしまったのか。来る場所を間違えてしま

ったんじゃないのか。僕は、文明と呼ばれる文化にどっぷりと浸り、違

和感を感じていたことさえも忘れ、いつしか長い歳月が流れた。


 ある時、ふと考えた。やっぱりおかしい。この文明、この競争、この

破壊。忙しさ。不安。怖れ。当たり前と思おうとしていたけれど、何か

が違う。満たされない。それによく見ると、自分にぽっかりと穴があい

ている。違和感がよみがえってきた。僕は自問自答した。


 そうしたら、ぼんやりと、しかしくっきりと、あの頃の記憶がよみが

えってきた。ああ、そうか、僕は間違っていなかったんだ。僕はようや

く気づいたのだった。

 
それから少しずつではあるが、僕は思い出し始めている。


K.J 2001
スポンサーサイト
コメント0
トラックバック0
= Comment =
  • Name 
  • Mail 
  • Url 
  • Text
  • Pass 
  •  Secret

= Trackback =
Trackback Url
http://beingpresent.blog53.fc2.com/tb.php/75-2af8e97d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。