ロルフィング、セラピスト、それから。。。

プロフィール

けーじ

Author:けーじ
 旅をしていたら、たくさんの道を通過していく。ちょっと途中寄り道をしてみる。そうすると、っ!!となるようないつもと違った景色が広がっているかも知れない。

 アメリカを経て、日本へ帰国間近。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

Count Number

全ての記事を表示する

RSS

スポンサーサイト

--.--.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歯医者にいってきたよ、やっぱり・・・

2006.09.29 アメリカでの体験
 今日は、歯医者に行ってきました。フロスをしていて、糸が歯の間に引っかかったので、引っ張ったら被せてあった銀の詰め物がとれてしまったのです。ガーン、アメリカで保険なしの歯医者。。  ちょっと値段が心配だったのですが、銀をくっつけてもらいに行きました。とれた銀のかぶせものもあるし、くっつけるだけだったらそんなにはかからないだろう。。しかも低所得者層の人のための歯医者さんです。

 結果は、チャリーン!85ドル、約一万円也。うーん、痛いなあ。歯医者では、歯が悪くなっているかを見るために、その歯だけようの小さなレントゲンをとってもらいました。歯に異常はなかったです。そして、先生に見てもらったのは約5分くらい。セメントを、とれた銀のかぶせものにくっつけて、入れてもらっただけです。

 アメリカの歯医者さん、やっぱり高かった。
スポンサーサイト
コメント2
トラックバック0
2006.10.02 23:56 edit
歯医者さん、やっぱり高かった。・・・
日本国民も「医療費は高いもの」という感覚を取り戻して欲しいですね。
7割~9割を国民皆保険制度がカバーしてくれることで、医療費に対する感覚が少しマヒしてきたいるように思えます。

本当に必要な医療のために、潤沢な保険医療費を使ってもらえるようにするために!
「自腹」もたまには覚悟しなくちゃ・・・
たとえば、Rolfingとか・・・・ね。
りつこ URL
2006.10.05 01:00 edit
 そうですね。日本人は歯が悪くなったら、歯医者さん、具合が悪くなったらお医者さん、というイメージがあります。もっと日頃から健康管理に気をつける習慣がほしいですね。Rolfingやボディーワークも、日常で受けられるようになっていくといいですよね。自分の体に気づくと、病気しなくなりますから、それに払う「自腹」も考えようによれば安いものです。
K.J URL
= Comment =
  • Name 
  • Mail 
  • Url 
  • Text
  • Pass 
  •  Secret

= Trackback =
Trackback Url
http://beingpresent.blog53.fc2.com/tb.php/67-c3a50712
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。