ロルフィング、セラピスト、それから。。。

プロフィール

けーじ

Author:けーじ
 旅をしていたら、たくさんの道を通過していく。ちょっと途中寄り道をしてみる。そうすると、っ!!となるようないつもと違った景色が広がっているかも知れない。

 アメリカを経て、日本へ帰国間近。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

Count Number

全ての記事を表示する

RSS

スポンサーサイト

--.--.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生きた英語1

2006.09.20 生きた英語を使おう!
 自分がよく使う、生きた英語を少しずつ連載していきたいと思います。僕もその一人でしたが、日本では英語を使いたくなりたい人の数が多いことを、こちらにきてから改めて実感します。
 
 今日のレッスンは「聞き方」。英語が分からないときに、単語や意味の尋ね方のレッスン。

 まずは、何でもかんでも聞くことが大切。僕は、最初その尋ね方が分からなくて、もじもじしていました。

 時々「What is this?」などの簡単な台詞を使いますが、それはくだけた聞き方。ネイティブの方は理解してくれますけどね。もっときちんと英語を理解したい人は、こちらをお薦めします。誰にでも使えるきちんとした聞き方です。

「What's the meaning of this word?
 What does this word mean? or What does that mean?
( この言葉の意味は何ですか?)」


「What do you call this in English?
(これは英語で何というのですか?)」


また、発音を尋ねるときに使う台詞。

「How do you pronounce this word?」
(この単語はどのように発音するのですか?)

「Would you please repeat that again?
( もう一度おっしゃって下さいますか?)


そして、スペルを尋ねるとき。

「How do you spell this word? Would you write it down for me?」
(この言葉は、どのようにつづるのですか? それをここに書き留めていただけますか?)

 僕はこれらの台詞を今でも、毎日といってよいほど使っています。尋ね方を知っていると、あとはこっちのもの。あとは聞いた言葉をメモして覚えまくる。最近は覚える作業を怠っているような; アメリカで英語を学び始めた頃、正しい尋ね方を習って使えるようになったときに、スタート地点に立ったように感じました。そして少し楽になったことを思い出します。こういった自分の経験が、少しでも読者の方々のお役に立てたらと思います。是非、マスターしてくださいね。

 それでは、また次回。
スポンサーサイト
コメント0
トラックバック0
= Comment =
  • Name 
  • Mail 
  • Url 
  • Text
  • Pass 
  •  Secret

= Trackback =
Trackback Url
http://beingpresent.blog53.fc2.com/tb.php/64-a2efe283
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。