ロルフィング、セラピスト、それから。。。

プロフィール

けーじ

Author:けーじ
 旅をしていたら、たくさんの道を通過していく。ちょっと途中寄り道をしてみる。そうすると、っ!!となるようないつもと違った景色が広がっているかも知れない。

 アメリカを経て、日本へ帰国間近。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

Count Number

全ての記事を表示する

RSS

スポンサーサイト

--.--.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トマト

2006.09.03 ボルダー、スロー&ロハス的ライフ
 ボルダーにある、ホールフーズマーケット(Whole Foods Market)というオーガニック専門のスーパーで、カリフォルニアでとれたオーガニックのトマトを試食でもらった。色が真っ赤で、ミニトマトよりも少し大きいくらい。口に入れる。

 「あ、甘いっ!ぞ~、これは!」

 ビックリした。フルーツみたい。店員さんによると、水をあげないで育てたらしい。  !? 水をあげないで育てる!? 

 雨水だけで育てた、ということだった。なるほど、そういうことか。カリフォルニアは、日本みたいに雨が多くないので、たっぷりと浴びた太陽から、この甘さがでるのかも知れないなと思った。

 手をかけて待つだけあって、代わりに値段が高い。1ポンド(およそ450g)で$4.99、600円ほどもする。小さいの5個入れただけで$2.84、約300円強。

 それでも買ってしまった。。 オーガニックの野菜や果物、そして肉はとても高い。でも健康志向の人々が圧倒的に多いボルダーでは、みんなそんなのおかまいなしに買っていく。時々その雰囲気に僕も乗せられてしまう。

 富裕層が多いとはいえ、さすがはボルダーだ。
スポンサーサイト
コメント2
トラックバック0
2006.09.03 20:57 edit
K.Jさん、こんにちは。
オーガニックのトマト、おいしそう!
1年前まで、家庭菜園で色々なお野菜を無農薬、有機肥料のみ、水は雨まかせで育てていました。収穫まで時間はかかるし、小ぶりで形も良くないけれど、そうやって育てたお野菜はどれも味が濃くて、野菜本来の甘味や香りが強く、とてもおいしいのです。食いしん坊の私は、よく畑でもぎとった野菜をその場でガブリとかじっていました(笑)
何もないところを耕して畑にして、種をまき、花が咲いて実が成って…と、畑仕事をしてみて、大地と自然の恵みに感謝するって、こういう事か!と実感しました。
いつかまた、自分流の野菜作りを復活したいな、と思っています。
美奈 URL
2006.09.04 02:07 edit
今日の朝、そのトマトをいただきました。やみつきになりそう。

>そうやって育てたお野菜はどれも味が濃くて、野菜本来の甘味や香りが強く、とてもおいしいのです。

ホント、おっしゃるとおりです。ちなみに、こっちで同じ日にメロンを買いました。こちらのメロンは夏、とても安く、セールで一個$2.5、300円弱です。こちらも甘いです。小ぶりトマト5個が、メロンより高い!日本では驚きですよねえ。

家庭菜園いいですねえ。本来の大地の味を楽しめる、そんな畑をいつか持ちたいなあと、僕も思います。
K.J URL
= Comment =
  • Name 
  • Mail 
  • Url 
  • Text
  • Pass 
  •  Secret

= Trackback =
Trackback Url
http://beingpresent.blog53.fc2.com/tb.php/60-e1081db5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。