ロルフィング、セラピスト、それから。。。

プロフィール

けーじ

Author:けーじ
 旅をしていたら、たくさんの道を通過していく。ちょっと途中寄り道をしてみる。そうすると、っ!!となるようないつもと違った景色が広がっているかも知れない。

 アメリカを経て、日本へ帰国間近。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

Count Number

全ての記事を表示する

RSS

スポンサーサイト

--.--.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おたくの文化が熱い!

2006.01.23 アメリカと日本 文化のちがい
日本での滞在で、大阪の日本橋に大学の後輩達と出向いたときのこと。「メイドカフェって知ってます?」「何だそりゃ?」始めて聞いたときは、なんかあやしい響きがあった。「いいから、一回行っときましょう。」

 言われるままに連れて行ってもらった。始めて聞くその言葉に、僕の好奇心旺盛な性格が興味をそそられた。 店に入ったとき、メイドのコスチュームを着たかわいらしい店員さん(メイドさん)に、“お帰りなさいませ” って挨拶された。これがお客の心を掴むのか!言われて悪い気分は全然しない。そして店内はとてもリラックスできる雰囲気だった。鳥の鳴き声がバックに流れるリラックスムードの音楽が流れ、快適だった。

 コスチュームはとってもかわいらしい。あとで聞いたのだけれど、どこかの美術大学に特注で作ってもらっているそうだ。コスチュームについてのアンケートも渡された。その中には「どれくらい萌えたか?」なんていう欄もあり、おもしろかった。「萌える」の意味がわからずメイドさんに聞いたら「たまらない感じ」だって。笑えた。

 メニューの名前がおかしい。ドラゴンクエストの呪文“ホイミ”とか、、北斗の拳からとった“北斗百列拳”とか、いろいろ。こんなんどんなのが出てくるかわからんやん!っていうのがたくさんありました。メニュー毎に、それをだすときの仕草や台詞が違っているようだ。じゃんけんなどのちょっとしたゲームをするメニューもあるらしい。

 僕はまともな名前の、~なんとか(名前忘れた)ホットココアを頼んだら、白い泡に、チョコの泡で描かれたかわいらしいわんちゃんがのっていた。「お砂糖幾つにしますか?」と聞かれ、「一つ」といった後で、やっぱ「二つ」と、自分でスプーンを取って、かき混ぜ味を確かめようとしたら、「イヌが~っ。」と言われてしまった。そうか、犬に当たらないように、そ~っと砂糖を入れて、ゆっくりかきまぜてくれてたのね。気づきませんで、どうもすみません。注文は片膝をついて、お客さんの目線で聞いてくれる。それも人気のようだ。

 お客の層を観察するのも楽しい。あやしいおたくらしき人も確かにいた。チラチラメイドさんを見て楽しんでいたようだった。でも思いのほか、普通の人が多かった。女性客も複数いた。店内はホントにかわいらしい喫茶店といった感じで、最初にあったあやしい響きというのはなくなっていた。

 アメリカ滞在中、店に行ったときなど、カジュアルトークをすることが普通になっていた。アメリカではちょっと店で店員さんと話す機会があるとき、「どこから来たの?」「何してるの?」のような個人的な会話になることがしばしばある。ちょっとそうした会話をして、「良い一日を~。」と挨拶をしてさよなら。それが普通な感じ。店員さんも普段のそのままの感じ。

 一方日本では、店や銀行でのサービスや対応は丁寧で迅速で世界一だと思うけれど、そこに個人の性格が見えることがほとんどない。マニュアルに沿って事はプロフェッショナルに淡々と進められていく。日本に着いたときには、なんだかそれが仮面のように思え、変な感じだった。日本人って表と裏の、二面の顔を使い分けるのがあたりまえなのかな、と感じた。みんなそれが上手でビックリ。

 メイド喫茶で、僕が質問をしたりしてちょっとマニュアルにはないようなカジュアルな会話を楽しんでいると、後輩から、僕はめずらしいお客さんですよ、と言われた。そんな風に映るのか。ただ自然に会話していただけ、と自分では思っていたからだ。

 メイド喫茶が今、流行っている理由の一つには、アットホームな雰囲気が感じられるからではないだろうかと思う。メニューの中にちょっとした会話やおもてなしの言葉、仕草が組み込まれている。それはマニュアルなのだけれど、それをする過程で、少しメイドさんの個が現れていると感じた。コスチュームもさることながら、そうした個の部分でのふれあいを、お客もウエイトレスのメイドさん達も楽しんでいるように見えた。それに気づいているかどうかは分からないが、それが自然に起こるから、これが流行るのだろうと感じた。

 しばらくくつろいだ後で、帰るときは“いってらっしゃいませ”って言ってくれました。これまたとても良い気分で店を後にしました。新鮮で楽しい体験でした。

 メイド喫茶。メイドカフェ。考えもしない名前やアイデアだなあと思います。もともとはあるゲームから生まれたこのアイデア。この紹介がニュースでやってるくらいだからすごいな。そしてここからまた新しいビジネスが生まれるかもしれません。アメリカにはないねえ。おたくの文化を持つ日本ならではのことだと思いました。
スポンサーサイト
コメント4
トラックバック0
2006.08.31 00:02 edit
う~~ん、見えるようなレポートをありがとうございます。(チョビみたいな女の子が「おかえりなさいませ~」って。)我息子はこの存在を・・多分しってるだろうな~。
りつこ URL
2006.08.31 00:02 edit
 知ってると思うけど、入りたくても入れない人はけっこういるんじゃないかなー。う~~ん、というのも分かる気もします(笑
K.J URL
2006.08.31 00:03 edit
す、すごいね…メイドカフェ!おもしろ~い!私はこの前コスプレのイベントだったかのかどうかは知らないけど、コスプレしてる人々を見て超カルチャーショックでした。びっくり~っ!生で見たの始めてだけど、本当にいるんだねぇぇぇ☆
yuki URL
2006.08.31 00:03 edit
コスプレとかも好きな人多いよ~。日本のアニメ文化と、そこから派生してるサブカルチャーというのは、隠れてるけれど、多岐に渡ってものすごい影響力があると感じたよ。僕もガンダムを始め、アニメは好きです。大阪の日本橋、東京の秋葉原、とてもあやしくておもしろい!
K.J URL
= Comment =
  • Name 
  • Mail 
  • Url 
  • Text
  • Pass 
  •  Secret

= Trackback =
Trackback Url
http://beingpresent.blog53.fc2.com/tb.php/51-465b0dd8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。