ロルフィング、セラピスト、それから。。。

プロフィール

けーじ

Author:けーじ
 旅をしていたら、たくさんの道を通過していく。ちょっと途中寄り道をしてみる。そうすると、っ!!となるようないつもと違った景色が広がっているかも知れない。

 アメリカを経て、日本へ帰国間近。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

Count Number

全ての記事を表示する

RSS

スポンサーサイト

--.--.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恐るべし、Katrina

2005.09.15 アメリカでの体験
 アメリカで、ハリケーンKatrinaが猛威をふるった。こちらは、ハリケーンでも、道路でも何でも名前を付ける。  ルイジアナ州、海抜ゼロ以下に位置するニューオーリンズの8割が冠水した。このハリケーンは確実にこの辺りを通過する予定だったのに対し、ブッシュ政権の政府の対応が大幅におくれたことで、被害は一段と広がってしまった。

 被害は貧民層にのしかかったようだ。黒人を中心とする貧民層は、ハリケーンがくるのがわかっていても、車がないので移動できない。ブッシュ大統領はそれに対してバスを提供する、シェルターに食料を保管するなど、何らか対策ができたはずだ。

 彼の対応に、国民の67パーセントが対応に不満だと答えているらしい。ブッシュ大統領自身も対応のおくれを少し認めている。今現在で、470人ほどの死者がでているようで、まだこの数字は増えていくとのことだ。
 
 連日ニュースで、被害状況を放送しているが、この映像が阪神大震災を思い出させる。治安は悪化し犯罪が増え、汚水で衛生状況が悪いらしく、これからまだ被害は増えていくと思われる。

 僕の学校でも、ボランティアで物資を集めて送った。全米、または国を超えて様々なボランティア活動が始まっている。早く平和が戻ることを思う。
スポンサーサイト
コメント0
トラックバック0
= Comment =
  • Name 
  • Mail 
  • Url 
  • Text
  • Pass 
  •  Secret

= Trackback =
Trackback Url
http://beingpresent.blog53.fc2.com/tb.php/47-567be9cb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。