ロルフィング、セラピスト、それから。。。

プロフィール

けーじ

Author:けーじ
 旅をしていたら、たくさんの道を通過していく。ちょっと途中寄り道をしてみる。そうすると、っ!!となるようないつもと違った景色が広がっているかも知れない。

 アメリカを経て、日本へ帰国間近。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

Count Number

全ての記事を表示する

RSS

スポンサーサイト

--.--.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語、考えれば考えるほど。。

2005.01.27 英語:語学学習の軌跡
 英語。いつまでたっても大きな壁の英語。英語いやや。自分の自己表現が満足にできない。何を言うか、グラマー、表現、発音、イントネーション、考えれば考えるほど話すのが苦手になる。感情的なときには、英語がいつもよりも流暢になる。ほろ酔いのときがベスト。変な話だけど本当の話。 いつもは言うことを考えてしまうので、疲れているときには、すらすらとはほど遠く、満足な英語がでてきません。詰まりまくります。頭の使いすぎでショートしてしまうんですよねー。これ、ホント。なんか英語の一日の限度があって、それを超すともう話したくなくなるのだ。

 それと反対に聞くことは結構慣れてきたかもしれない。映画を見ていても、前よりはずっと理解できるようになってきた。前はビデオで何回も巻き戻して聞き直していた場面が、この前たまたまテレビでやっていたときにはハッキリ聞こえてきた。やっぱネイティブスピーカーの英語を毎日聞いているだけのことはあるのかなあ。

でもまだまだ分からない会話もごまんとある。こちらの人たちはスラングという俗語をめちゃんこ頻繁に使うため、カジュアルトークになると訳分からん。それに文化的な背景がないため、みんなが子供のころから馴染んでいたことや人や物語やetc..の話やそれに関連したジョークなんかは分かるわけがないのだ。みんなが笑っているときに笑えないときはやっぱり一人を感じぜるを得ない。

 それにライティング。しらない表現、単語は限りなくあり、自然な表現にはなりえない。いつも友達にチェックしてもらって訂正されまくるのが常。もうそろそろ自立しないとやばいのだ。パートタイムの学生なので、前のクラスメート達と会う機会がなくなってきて英語の質問を尋ねる機会も同時に減ってきたから。みんな忙しいのだ。この際にちゃんとライティングも勉強しろ、ということだろうか。

 考えれば考えるほど、うまくいかない英語なのでした。でももう1年半くらいはいるんだけどなー。でもこんなもんなんですよ、別の言語の世界を丸かじりしようと思ったら。
スポンサーサイト
コメント0
トラックバック0
= Comment =
  • Name 
  • Mail 
  • Url 
  • Text
  • Pass 
  •  Secret

= Trackback =
Trackback Url
http://beingpresent.blog53.fc2.com/tb.php/34-7d8f1087
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。