ロルフィング、セラピスト、それから。。。

プロフィール

けーじ

Author:けーじ
 旅をしていたら、たくさんの道を通過していく。ちょっと途中寄り道をしてみる。そうすると、っ!!となるようないつもと違った景色が広がっているかも知れない。

 アメリカを経て、日本へ帰国間近。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

Count Number

全ての記事を表示する

RSS

スポンサーサイト

--.--.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ステーションワゴンほしい!

2004.12.29 アメリカと日本 文化のちがい
 新車でなくてもいい。中古車でいいのだ。それも1996年くらいでいいからステーションワゴンがほしい!!値段、手頃なのがいい。40万円くらい。マイレージ、とんでもないのはいやだけど、20万キロくらいまでならおっけー!   こうかくと日本では普通に探せる。もっと安く出見つかる。でもここアメリカではとーってもむつかしい。とにかく日本車が高い!というのもみんなボロボロになるまで使うから。それに信用できる車も少ない。乗り方がとっても雑だからだ。さて、ここで良いディールと思われる物件を紹介してみよう。

 Subaru Legacy station wagon
1997 Milage: 233867 km 
price: 50万円

 ええーっ、と思うかもしれませんね。23万キロ以上も走っていて、50万円!なんて。でもこれがアメリカなんです。それで、傷もなく丁寧に扱っていたのであれば、この物件で十分“買い”なんです。日本だったらまずだれも買わないですよね。

 こんなディールでも探すのはむつかしい。アメリカでは明らかに中古車の供給が足りない。需要の方がたくさんありすぎるのだ。日本の中古車市場がアメリカに来ることができたらなあ、といつも考えてしまいます。

 日本と比べるとこっちの中古車価格はインチキに思えてくるくらいですから。車の車種も日本とくらべると圧倒的に少なく、特に中古車市場には十分に出回ってきません。それにこちらは車検がないですから、マイレージの高い車を買うとそれだけリスクも背負うことになります。ディーラーからでさえ買った後に、いろいろ直すところもでてくることは覚悟しなければなりません。ここで日本でいうマイレージと比べることはできません。日本車の中古車だとこちらでは、16万~20万キロなんて当たり前になってしまいますから。それでも、値段は高すぎるのひとこと!

 別に普通の車種で、故障の心配なく普通に乗れたらそれでいいのになあ。そんな中古車を探すのがとーっても難しいアメリカコロラド州なのでした。
スポンサーサイト
コメント0
トラックバック0
= Comment =
  • Name 
  • Mail 
  • Url 
  • Text
  • Pass 
  •  Secret

= Trackback =
Trackback Url
http://beingpresent.blog53.fc2.com/tb.php/27-2e2ce0b7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。