ロルフィング、セラピスト、それから。。。

プロフィール

けーじ

Author:けーじ
 旅をしていたら、たくさんの道を通過していく。ちょっと途中寄り道をしてみる。そうすると、っ!!となるようないつもと違った景色が広がっているかも知れない。

 アメリカを経て、日本へ帰国間近。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

Count Number

全ての記事を表示する

RSS

スポンサーサイト

--.--.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンクスギビング~Thanksgiving~ 

2004.11.29 アメリカでの体験
この3日間、セラピーの勉強は一休みでした。そして一年の中でも最もみんなが楽しみにしている休暇の一つ、Thanksgiving Holidayを過ごしました。

 日本でいうと正月気分かな。この休暇はネイティブアメリカン(インディアン)に感謝を捧げる休暇。あれ!?、アメリカってネイティブアメリカンを虐殺しまくったのでは?と思うかもしれませんが、最初にピルグリムファーザーズがアメリカへやって来たときには白人はネイティブアメリカン達にいろいろ助けてもらっていたのです。

  彼らの助けなしでは生き残れなかったといいます。そのお礼として豆やコーンを彼らにあげたのだそうです。でもいつしか白人はネイティブアメリカン達を虐殺することになります。どういった転機がおとずれたのかは分かりませんが、自分勝手な話です。

 そしてこの休暇はみんなが七面鳥やパイ、マッシュポテト、スープなどの料理を家族で楽しみます。なんで七面鳥なんやろー?と不思議なくらいでかいのが各家庭で食べられます。

 一匹まるごとオーブンで焼くんです。今ではサンクスギビングは、一日中たらふく食べる休暇となっています。僕は一人のクラスメートにThanksgiving dinnerに呼ばれ、彼らの家族達とともに過ごしてきました。

 僕のクラスメートとその奥さん、そして息子、お嫁さんのお母さんと、妹さんが家には居ました。みんないい人達。ちょっと緊張したなあ。特大七面鳥やチョコ、ストロベリーとラズベリー、そしてカボチャのパイなどなど、たらふく食べました。普段は店でデザートは買って食べられません。甘すぎて。でも手作りのパイは最高!また食後にはポーカーの一種のTexas hold’em というゲームを楽しんだりと、なんだか久しぶりに家族に混じっての団らんを過ごすことができました。家族の団らんにいれてもらえてうれしかった!

 
スポンサーサイト
コメント0
トラックバック0
= Comment =
  • Name 
  • Mail 
  • Url 
  • Text
  • Pass 
  •  Secret

= Trackback =
Trackback Url
http://beingpresent.blog53.fc2.com/tb.php/23-d1bb94db
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。