ロルフィング、セラピスト、それから。。。

プロフィール

けーじ

Author:けーじ
 旅をしていたら、たくさんの道を通過していく。ちょっと途中寄り道をしてみる。そうすると、っ!!となるようないつもと違った景色が広がっているかも知れない。

 アメリカを経て、日本へ帰国間近。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

Count Number

全ての記事を表示する

RSS

スポンサーサイト

--.--.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカへ来て間もない頃

2004.07.12 アメリカでの体験
 「こっちに来て一週間。いったい、いつになったら聞き取れるようになるのか?いったいいつになったら話せるようになるのか!?その兆しは未だない。僕はある程度は聞き取れると勘違いしていた。こちらの人は普通にしゃべるが、今までに聞いたものとは大違い。ほとんどまったく聞き取れないではないか。
 
 まったく英語を勉強せずに飛び込んだこの勇気はほめてあげよう。しかーし、苦労するのはこの僕だ。いったいどうやって困らなくなっていくのか。今は全く想像できない。だから書いてみよう。話せるようになっていくその軌跡と、奇跡を。多分、失敗談だらけだになると思う。。。I feel blue these days...最近縮こまってしまってるな。僕らしくないわ。。。」

   これが僕が英語を学んでいくうえでの最初の日記となった。2003年5月12日のことだ。今が2004年7月12日だから、一年と二ヶ月前のことになる。いったいいつになったら。。。などと書いてあるが、あの頃はまだ英語というものを全然理解してなかったといっていい。

 「一週間しかいてへんのに何いうてんの!?、あんたっ!」わははっ!って笑ってバシッと頭はたいて突っ込みたくなります(笑 一年経った今でも聞くのも話すのも苦労してるっていうのに、一週間でなにがわかるねんって感じ。

 でも今でも正直英語やアメリカの文化を理解しているかというと、それもどうだか分からない。今もこれからも英語やアメリカ文化の勉強は日常生活を通してずっと続いていくからだ。

 でもたくさんのことをこの一年間で、精一杯学んできたことは確かだ。これから英語やアメリカのことについて、今まで体当たりで体験してきたこと、それから学んだことなどを少しずつ僕の視点から綴ってみようと思う。   
スポンサーサイト
コメント0
トラックバック0
= Comment =
  • Name 
  • Mail 
  • Url 
  • Text
  • Pass 
  •  Secret

= Trackback =
Trackback Url
http://beingpresent.blog53.fc2.com/tb.php/2-5b96bd80
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。