ロルフィング、セラピスト、それから。。。

プロフィール

けーじ

Author:けーじ
 旅をしていたら、たくさんの道を通過していく。ちょっと途中寄り道をしてみる。そうすると、っ!!となるようないつもと違った景色が広がっているかも知れない。

 アメリカを経て、日本へ帰国間近。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

Count Number

全ての記事を表示する

RSS

スポンサーサイト

--.--.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Bluegrass Music

2004.10.24 アメリカでの体験
 昨日、ブルーグラスミュージックを聞きに、Goldenという山奥の古い街に行ってきました。車で30分くらい山の中を行くと、西部劇にでてくるアメリカみたいな感じの古い建物や町並みが現れます。

 ここは1890年代に金が採れて栄えたまち。今はもう古びています。そこにでっかいバンガローみたいな建物でバーレストランと宿泊できるところがあり、そこでアーティストが演奏します。
スポンサーサイト
コメント0
トラックバック0

Bar

2004.10.21 アメリカでの体験
先週の週末に、クラスメートで仲良しの黒人ガイ、慎重は180センチはあるケビンとBarにちょいと飲みに行ってきました。

コメント0
トラックバック0

4ヶ月半 VS 1年3ヶ月の英語力

2004.10.07 英語:語学学習の軌跡
去年2003年の10月。

 「日常生活には困らない程度になってきた今日この頃。簡単な日常語を聞き取ることはある程度慣れてくるものだとわかってきました。でも、話すことは全く別です。マッサージのセミナーなんかに行ってネイティブの方々と話すとなると全然話についていけず、また自分の言いたいことの少しも表現できず、結局一人で昼ごはん食べたりと。もどかしい日々が続いているというのが実態です。知らない単語も多すぎて、見知らぬ単語も聞き取れず、また話したい単語もしらなさすぎて、と。

 発音も発音クラスをとって学びなおしました。今、間違っている発音でしゃべることにとても臆病になっています。だからなかなかしゃべることができなくって。もっと音読しないと。 壁は高し。それでも少しずつ、少しずつ。。。」

 あれから一年間近くが経ちました。

 <スピーキング>

 発音はもうわかるようになり、きちんとした発音でしゃべれてます。知らない単語は最初練習がいりますが、知っている単語についてはどういったらいいかわかります。それでもネイティブ達から聞き返されることがたまにあります。話すスピードは限界がありますね。ネイティブ達のように次々矢継ぎ早に話せることはできません。これはインターナショナルの人だったら、だれもが経験することです。

 <ヒアリング>

 普段の日常会話なら大丈夫。それでもやっかいなのは、スラング(くだけた言い方)がめちゃくちゃいっぱいあるから、そういうのはわからない。わからない単語を聞き取れないことは当たり前。知らない単語は聞き取れるわけないもんね。クラスの中ではそういった単語のオンパレード。練習すべきことは絶えません。専門用語とかも限りなくあるので、そういったトピックについていくのはまだまだ。それらがごっちゃになったテレビドラマとか映画を聞き取れるようになったら、ヒアリング力が十分にあると言い切れると思います。これが一番むつかしい。まだまだですじゃ。

 <ライティング>

 これもまた難しい。いつも友達に添削してもらっています。そのままでは宿題を提出できません。やっぱり表現の仕方が習ってきたのとは異なります。

 <リーディング>

 あまり読んでないからわかりません。これをしないと表現の幅が広がらないんだけどね。。時間がとにかくないのです。

 1年3ヶ月アメリカに滞在しています。まあこんな期間でもう一つの言語を完璧にマスターするのは無理ですな。日常生活には困らないようになったけど。うーん、滞在が長くなってきた。卒業する頃にはどうなっているんだろう。
コメント0
トラックバック0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。