ロルフィング、セラピスト、それから。。。

プロフィール

けーじ

Author:けーじ
 旅をしていたら、たくさんの道を通過していく。ちょっと途中寄り道をしてみる。そうすると、っ!!となるようないつもと違った景色が広がっているかも知れない。

 アメリカを経て、日本へ帰国間近。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

Count Number

全ての記事を表示する

RSS

スポンサーサイト

--.--.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パソコンは万国共通

2004.09.30 アメリカと日本 文化のちがい
2003年、10月23日の日記から。

「マイクロソフト、ウィンドウズ。パソコンをこっちにもってきたけど、もちろん語学学校や、ステイ先で使うのは英語バージョン。でもウィンドウズのおかげで大助かりしている。

 ウィンドウズは万国共通。英語ということもあり言葉の違いに慣れるまでは大変だが、いったん慣れるとメンテナンスからなにからなにまで同じ。こちらでもパソコンに慣れていない人がいたら助けてあげられたりする。

 また、インターネットなどのブロードバンドの仕組みなども理解できる。日本でパソコンに親しんでいたことがこちらでとっても役に立っている。ただ、日本語用に開発された一太郎などのソフトウェアはアメリカの英語用パソコンにインストールしたくても、プログラムの元のところで言葉が読み取れないのでインストールできない。日本は英語でも日本語でもどっちでもオッケーなのにねえ。ちょっと不便だ。昨日、今日でステイ先の英語バージョンのウィンドウズに日本語の読み書きができるようにした。」
スポンサーサイト
コメント0
トラックバック0

日本の品質万歳!

2004.09.30 アメリカと日本 文化のちがい
こんなことを去年の記事に書いている。

 「車から始まり、質の違いにはとても驚いている。たとえば電気製品。アメリカの電気製品は壊れやすいの一言。レンジ、冷蔵庫、CDなんかのプレーヤー。安くても壊れるのが早い。そして、修理するなら高くつくので、壊れたら新しいのに買い換えよう。そんな風習だ。

 だから消費大国やねん、きっと。日本万歳の電気製品万歳!最近日本製品の品質の良さに驚きと感動を感じる。それだけではなく家なんかの作りもそう。こっちは作りが安っぽい。多分災害が少ないのでそれでもよいのだろう。でも大変。配管とか電気系統とかも一旦故障したら大変。仕事はきちんとしてるかどうかわからない上、高い費用がかかる。信用のおける仕事人を探すのが大変だ。そういう人はもちろん費用もそれなりに高い。

 今、僕のステイ先では水漏れでトイレの配管を直している。僕は工事を手伝ったことがあるので大体の作りを把握できるが、管の質もぜんぜん違う。家が古いせいもあるのかも知れない。管のつなぎ部分は怪しい。なんかこっちのは適当にくっつけてあるって感じ。次にいつなにが起こるかわかれへん。

 仕事の質といえば、散髪なんかもそう。たくさん安いところはあるが、雑で下手。そんなにスキルがない人が散髪している。一般的には日本のヘアサロンの方達のほうが、知識、スキルともに優れているといえる。お金を出したら、腕のいい人に出会えるのはどこでも同じ。これは一般的なこと。
 
 そんなことを考えるとすべてにおいて、日本の品質、仕事の質には驚かされる。こちらと比べるとハイレベルだ。日本人の器用さに感心させられる。また、ここアメリカでは自分の家から車から何から何まで、すべて自分で管理できることが必要不可欠だと感じる。そうでないととんでもなくお金が飛んでいくだろう。」

 まさにその通り。アメリカ人は家なんか、何かををいつも直している。見た目はすごくかわいくてきれいなんだけどね。ペンキ塗ったり、いろいろ手入れ手入れ手入れで家が長持ちしてるかんじかな。

 窓なんかも日本みたいにスムーズにカラカラカラなんてうごかない。思いっきり引っ張ってスーッと動いてくれる。それに重たい。でもそれが一般的なんよなー。日本ってもう開発する必要ないんちゃう?みたいに思ってしまう。

 それにしてもアメリカの人たちは見た目をきれいにするのがすごくうまい。街がとってもきれいに見える。みていても気持ちいい。アメリカの製品になれてきたら、こっちに住むのも慣れると思います。場所は広くていいしね。でも品質は日本!
コメント0
トラックバック0

民族や人種に流れる血

2004.09.30 アメリカでの体験
 去年の日記を読み返すとすごくおもしろい。新鮮な発見をその通りに書いている。

 
コメント0
トラックバック0

民族や人種に流れる血

2004.09.30 アメリカでの体験
 去年の日記を読み返すとすごくおもしろい。新鮮な発見をその通りに書いている。

 
コメント0
トラックバック0

車社会アメリカ

2004.09.05 アメリカと日本 文化のちがい
去年2003年の10月23日の日記。「こちらにきて、思うこと。誰でも思うけどこっちで車がなかったら、とーっても不便。そして、ここボルダーはロッキー山脈のすぐそばにある高地、坂道だらけということもあり丈夫な日本車がとっても人気だ。すんごくよく見かける車はトヨタがダントツ。
コメント0
トラックバック0

Independence Day

2004.09.05 アメリカと日本 文化のちがい
 去年の日記より抜粋。「7月4日はアメリカの独立記念日。休日。アメリカ全土で、セレモニーが行われる。ここ、University of Colorado でも花火が上がった。 この大学は大学内にでかいフットボール用のスタジアムを持っている。とにかく広い。

 夜、8時半。スタジアムにはいると、大勢の人たちが集まってきていた。ここの大学のスタジアムは、三万人?収容できるらしい。なんとも大規模なこっちゃ。その晩は、何人くらい入ってたんやろ。一万人はいってないかもしれない。それでもとってもたくさんの人たちでにぎわっていた。
コメント0
トラックバック0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。