ロルフィング、セラピスト、それから。。。

プロフィール

けーじ

Author:けーじ
 旅をしていたら、たくさんの道を通過していく。ちょっと途中寄り道をしてみる。そうすると、っ!!となるようないつもと違った景色が広がっているかも知れない。

 アメリカを経て、日本へ帰国間近。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

Count Number

全ての記事を表示する

RSS

スポンサーサイト

--.--.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パーティー

2004.07.26 アメリカでの体験
これは、コロラドへ来て一ヶ月くらいたったときのこと。

 「昨日、大学生に招かれて、パーティーに行ってきました。日本でパーティーというと、盛大な催し物のように感じますけど、ここアメリカではパーティーという言葉は日本と違います。
スポンサーサイト
コメント0
トラックバック0

語学習得への幻想

2004.07.25 英語:語学学習の軌跡
 「語学学校がはじまり、二週間経つ。語学習得で思うことを書いてみよう。

 アメリカに来て、語学を習得しないまま帰国する日本人はたくさんいることをまず知っておいたほうがいいだろう。なぜなら、こちらに来たからといって、語学が勝手に上達していくと思ってもらったら困るからだ。
コメント0
トラックバック0

コロラド州、ボルダーの語学学校へ

2004.07.20 英語:語学学習の軌跡
 3週間サンフランシスコに滞在しました。学びたいものがある2つの大学院を見学して、アメリカで活躍なさっている日本人の方から、催眠療法のセラピーを経験した後、2003.6.3、僕はコロラド州ボルダーに移動しました。

 
コメント0
トラックバック2

恥をかくこと

2004.07.17 アメリカでの体験
 最初は、とにかくしゃべりかけることができない。今でもそれはとっても苦手。恥をかきながらひとつひとつ覚えていくしかないのは来た当時も今も変わらない。ただ、今は尋ね方をしっているだけだいぶましだ。覚えなきゃいけない量は段違いに増えてきてるけどね。今から書く内容は、最初の10日間で起こったちょっとした出来事。
コメント0
トラックバック0

サンフランシスコの街

2004.07.16 アメリカと日本 文化のちがい
 最初サンフランシスコに着いた僕は、当時二つの大学院に訪れる以外は予定は入っていなかった。ただアメリカの生活を身に馴染ませること。それが3週間後にコロラド州にいくまでの、サンフランシスコでの別の目的だった。コロラド州ボルダーではまず語学学校に入って集中して語学だけを学予定をしていた。
コメント0
トラックバック0

語学学習は地道な作業

2004.07.15 英語:語学学習の軌跡
「語学が聞ける、話せる、書けるようになることに、マジックというものはない。そう思います。ここアメリカでも日本語でしか話さなければいつまでたっても日本語しか話せない。話す機会は自分で作らなければ、なかなかないものだ。お聞きしたはなしなのだが、大学院ではほとんど英語を話さない日もありがちだそうな。講義は聴くのが主になるから。

僕が思うに、いろいろな本を読んで思ったし、実感したことだけど、本物の語学を学ぶ方法は赤ちゃんが言語を学ぶ過程とよく似ていると思う。それが自然。

 まず、膨大な聞く時間がいる。そして、自分から音読する、あるいは話す過程がいる。また最後に書く過程もいる。そして自然な学び方で一番良い方法は速聴や速読だと思う。

 僕は今まで学び方を研究し、教材を何倍速かに早めたものを聞きまくってきたが、それだけでは全然足りない。単語の意味を覚えることや、速読することをやってこなかったから。このおろそかにしてきた過程が実は一番重要だと分かった。日本ではその大切さが実用レベルで実感できず、なまけていた。

 でも一番、大切なことがある。それは正しい勉強法をどれだけ根気よく続けてできるかということに限る。「この根気よく続ける」というのがなかなかできない、もしくはそのような環境にないから皆、語学習得には苦労するのだろう。」

 
コメント0
トラックバック0

アメリカへなんとか入国

2004.07.15 アメリカでの体験
今はコロラド州ボルダーに滞在しているけれど、僕はカリフォルニア州サンフランシスコで最初の3週間を過ごした。希望していたトランスパーソナル心理学の大学院を実際に訪れてみるためだ。もちろん大学院に入れるTOEFL点数なんか持っていないし、英語も全くと言ってよいほどしゃべれなかった。今日は最初の入国した時のことを書き留めてみようっと。ホント、ゼロからのスタートでしたから。
コメント0
トラックバック0

アメリカへ来て間もない頃

2004.07.12 アメリカでの体験
 「こっちに来て一週間。いったい、いつになったら聞き取れるようになるのか?いったいいつになったら話せるようになるのか!?その兆しは未だない。僕はある程度は聞き取れると勘違いしていた。こちらの人は普通にしゃべるが、今までに聞いたものとは大違い。ほとんどまったく聞き取れないではないか。
 
 まったく英語を勉強せずに飛び込んだこの勇気はほめてあげよう。しかーし、苦労するのはこの僕だ。いったいどうやって困らなくなっていくのか。今は全く想像できない。だから書いてみよう。話せるようになっていくその軌跡と、奇跡を。多分、失敗談だらけだになると思う。。。I feel blue these days...最近縮こまってしまってるな。僕らしくないわ。。。」

 
コメント0
トラックバック0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。